スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンガマ

アンガマのおじぃ


暑中お見舞い申し上げます

内地は、梅雨明けしても、今年は天候不順のようです。
皆様、ご健康にはおきお付けください。

LBカヤック一同より


おはようございます。
昨日は、石垣で買い物と病院。
帰ると、多少の自分が、できるだけの仕事・・・。
晩御飯は、友人の「ケン坊宅」でのバーべQ。

そして朝方?夜中?、疲れと汗だくで寝入っているところを
雷が突然「ドーン!」なり。
ブレーカーを切って、PC関係はコンセントを抜いて。
また、6時まで寝ました。

さて昨日は、ケン坊のところにご招待をLB全員がうけて
伺いました。前もって、ビールを1ケース。
自分の飲み物に、この夏売り出されたノンアルコールビール
を持参。

車を運転するということもあるけれど、数年前に「お酒」を
やめましたので。

そんな宴席に、写真にあるおじぃも加わり、盛り上がりましたよ!

実はこの家の家主は、八重山民謡の名手。
おじぃは、家主ケン坊のおじさん。
もちろん、ご覧の通り、おじぃも八重山民謡の名手。

だからここに来ると民謡は、よく聞かせてもらえる。
ケン坊は、解説もしてくれるので、そのときは、なるほど
と聞いている。

テーブルには、グルクンのから揚げ、グルクンの刺身。
おじぃの作ったパイン、ドラゴンフルーツ、焼きおにぎり。
もちろん炭は、今年6月に中学校でPTA行事で焼いた炭。

よっちゃん(ケン坊の奥さん)は、野菜がないといいながら
ビールをグイット!宴は夜半まで続いた。

ところで、八重山では旧盆に「アンガマ」と言う行事・・・。
祖先を供養するひとつの、行事がある。

アンガマには、お面をつけたあの世からの使いの「おじぃ」
と「おばぁ」が出てくる。

そのお面に三線をひている「成功おじぃ」は、良く似ている。
そのことをクチにすると。
皆も異口同音に「そうだよね!」

このおじぃのお兄さんに当たる
「「盛おじぃ」も、そうだったよ。」とよっちゃん。

盛おじぃは、既にあちらに行きました。
ずいぶんお世話になったおじぃです。
みんなに愛されていたな。

てなわけで、ケン坊もやがてアンガマのお面のようなお顔に
なるの意見に、当人は。

「光栄だ」と言っていましたよ。

確かに、アンガマのお面は、あちらの世界から来たのに
にこやかに笑っているように見えますから。

ケン坊、よっちゃん。
昨晩は、お招きありがとうございました。
とっても、気持ちが嬉しいです。
この場をおかりして御礼いたします。






コメント
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西表島フィールドニュース

プロフィール

エル・ビー・デッチ

Author:エル・ビー・デッチ
「Decchi」は、都会で生まれました。
自然が大好きな人間です。心優しい人間。
傷つきやすい。

感動を共有しましょう!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。