スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤモリとイガイにヒント、1000回着脱可能な強力接着剤 AFPBBNewsより引用



引用文


ヤモリとイガイにヒント、1000回着脱可能な強力接着剤

【7月20日 AFP】天井に張り付くヤモリ。海中でもぴったりとくっついて離れないイガイ(ムール貝)の貝殻。この2つから着想を得て、米国シカゴのノースウエスタン大学(Northwestern University)のフィリップ・メッサースミス(Phillip Messersmith)教授(生体工学)らが、繰り返し着脱可能で強力な接着剤を発明した。

 ヤモリ(gecko)とイガイ(mussel)を組み合わせ「ゲッケル(geckel)」と名付けられたこの新接着剤に関する研究記事は、18日発行の英科学誌「ネイチャー(Nature)」に掲載された。

 これによると、ヤモリの足には微細な剛毛が生えており、さらにその先がへら状に分かれているため、平面と接したときに引力が発生。この引力によって天井に張り付いたり垂直な壁を登ったりできる。ただしその接着力は一時的で、水中では接着力が格段に弱くなる。

 メッサースミス教授は、このヤモリの微細毛に似せたナノ単位のシリコン製細毛を作成。これをイガイが持つ接着性タンパク質を模したポリマーでコーティングし、「ゲッケル」として開発した。乾湿両方の条件で、1000回以上着脱可能だという。

 同教授は、商品化にはまだ時間がかかるとしながらも、将来的には医療、工業、民生品、軍用品などあらゆる分野への採用を見込んでいる。特に、手術後の縫合など、医療分野での採用に適しているという。
(c)AFP

西表島にも沢山のヤモリがます。
どこにでも、出てくるので・・・。
鳴き声が、かわいいと言えば、かわいい。

しかし、「ふん」をそこいらじゅうにしてしまうので、厄介者といえば厄介です。しかし、名前が示すように「家を守る」(やをもまもる)。
宜しくお願い致します。

ヤモリ様。 コメント
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
mastrad(マストラッド) シリコンペストリ
写真で思っていたより大きかった。刷毛というよりあく取りようと考えたほうがいいかも。毛は一本一本が結構太いです。300度まで大丈夫なところと、抜け毛がないところが気に入りました。持ち手も適度な角度がついてて使いやすいです。ちょっと重め。写真では柄の部分の素材

へらの日|2007/08/12 16:24
耐熱300℃!カラフル&キュートな便利グッ
おっちょこちょいなので、フルシリコンのタイプを選びました。これでうっかりやけども心配ありません。料理にお菓子作りにマルチな使い方ができそうです。パープルを購入。継ぎ目がないので使うときも洗うときも気を遣わなくて良いのが嬉しいです。カレーの臭い移りも色移り

へらの日|2007/09/05 17:07

西表島フィールドニュース

プロフィール

エル・ビー・デッチ

Author:エル・ビー・デッチ
「Decchi」は、都会で生まれました。
自然が大好きな人間です。心優しい人間。
傷つきやすい。

感動を共有しましょう!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。