スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイラ川へ

船浮湾~クイラ川へ

■今日は、元気を貰いにクイラ川に行ってきた。船浮湾の奥ほうに流れ込む川であり、上流部は西表島の南側、一山越えれば鹿川湾に出られる(私の山の知識では無理です)。



■若干の雨空の下、海は幸いにもベタ凪であった。長い距離を漕ぐので殊更である。スイスイと白浜港を出発、今回ばかりはガイドのペース基本的に休みはいりません(嘘)。

■1時間後には、クイラ川の河口に到着、ここから元気を頂く。未知への探究心を自然に満たしてもらうためである。始めていく場所であるが故、道に迷わないか(基本的に一本道)、時間はどのくらいかかるか(私の体力的面で)などなど。

見知らぬ川地形・・ゴクリ

■とにかく上流へとさかのぼる、漕ぐ、漕ぐ、漕ぐ。1時間過ぎて渓流までたどり着いた。全く同じように見えるジャングルでも景色が違うだけで別物に感じる。

未知満ちてきます

■ここで休憩といきたいが、仲良川支流の経験から沢登りを始めた、Decchi knは猛スピードで姿を消し私は、ゆっくり歩く事にした。凄い岩の量であった、大小様々の岩岩。下に行くと圧倒される程であった。

岩の川

■歩いて20分・・・帰ろう。終りが見えない、川の奥深さを感じた。カヤックを渓流した場所に戻ると、水位が下がっているのに気付いた。まずい、早く帰ろう。

■この春に向かうにつれて、日中に潮位が低くなる傾向になる。なので、これからはその日の潮位がフィールドの状況を左右する。行きは満潮時刻に出発したため安心していたが、帰りにどれくらい潮が引くかは、川によって違うため未知数。

■後半戦始めてから、スパートです。しかし、ガイドは疲れません(嘘)。クイラ川の河口で座礁・・・(フィールドニュース)。

■急いだ甲斐あって、行きと同じ時間でクイラ川を抜け出した。

気象庁午前5時発表の予報です。
■2月16日
■曇り夕方一時雨
■北東の風のちやや強く
■波は1.5m~3.0m

ご馳走様でした^^

■予報どおり雨になり、予報どおり風がやや強くなった。だが、十分お腹が満たされた。次は、どこに行こうかな?

Decchi AK

この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!!
おーりとーり!沖縄の地域ブログの順位が見れます。
一押しが私達の励みになります。↓↓↓

沖縄人気ブログランキングにほんブログ村・地域生活ブログ 離島情報へfc2ブログランキング コメント
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西表島フィールドニュース

プロフィール

エル・ビー・デッチ

Author:エル・ビー・デッチ
「Decchi」は、都会で生まれました。
自然が大好きな人間です。心優しい人間。
傷つきやすい。

感動を共有しましょう!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。