スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「メタボ」解消作戦参加の伊勢市課長、運動中に急死

読売新聞引用文

三重県伊勢市で、生活習慣病予防のために、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と疑われる市長ら幹部職員7人による減量作戦に参加していた男性課長(47)が運動中に死亡していたことが17日、わかった。

 死亡したのは、市生活支援課長奥野睦司さん。奥野さんは夏休みだった14日午前9時10分ごろ、同市の自宅近くの道路で倒れていた。通行人が見つけ、救急車が出動したが、奥野さんはすでに死亡していた。死因は急性虚血性心疾患。午前7時ごろ家を出て、ジョギング中に倒れたらしい。歩数計は3500歩を示していた。

 市は7月から、市職員が率先して肥満予防に取り組もうと、「7人のメタボ侍、内臓脂肪を斬(き)る」と銘打ち、市長ら、腹囲85センチ以上の部課長級職員のうち7人がそれぞれ減量目標を立て、10月に成果を公表することにしていた。




メタボリック症候群という言葉が世の中に出回りはじめ、特に中高年の間では肥満や日頃の運動不足を気にする人がここ数年で一気に増えた感じを受ける。
今では政府も身を乗り出し、今回の件も市の職員によるこういった運動の一環で行われた企画だったのだろう。
より健康になる為に運動をしていたはずが、このような形に結びついてしまったことは残念なことである。
うちにも同じような年代の社長が、毎日10km近くランニングを行っているので、このニュースはひとごとでは無いのだが、やはり運動をしている人が急に具合を悪くするというのは、想像しがたいことである。
運動をするにしても何でもやればいいというわけではないのだということ、そして何より、日頃の摂生が何より大切だということだろう。

Decchi M

プロのカウンセリングを受けてみるのもいいのでは?↓
メンズエステ・プラソン◆脱メタボリックコース


コメント
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西表島フィールドニュース

プロフィール

エル・ビー・デッチ

Author:エル・ビー・デッチ
「Decchi」は、都会で生まれました。
自然が大好きな人間です。心優しい人間。
傷つきやすい。

感動を共有しましょう!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。