スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海辺の細道

道は、思い出の振り返り


■本日より、更新を再開いたします。長らく更新の
お休みをいたしまして、ご迷惑をお掛けいたしまし
た。今後ともご愛読お願い致します。


■どこかステキな場所へと続く道は、せかされる
かのように人の気持ちを駆り立てる。海は側にあ
り、生活の一部となっている私には、その感覚が
遥か昔のように感じる。

夏休みの宿題を終えたご褒美に、コンクリートジ
ャングルから抜け出す機会が与えられた頃。海で
ただ泳ぐという楽しみだけを胸にしまいこみ、そ
の年初めての海を見た瞬間は、心臓が爆発しそう
なほどの喜びであった。

■海に囲まれた島国でも、いくつもの海辺へと続
く道がある。そこには、過去の小さな喜びがあり
来た事のない浜辺なら尚更に感じる。

この時期、北側の海岸は最も綺麗に見える季節で
ある。色々な浜辺に腰を下ろし思いをめぐらすの
も、心の療養にもなるのでしょう。

Decchi AK

この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ




子どもの道くさ (居住福祉ブックレット)子どもの道くさ (居住福祉ブックレット)
(2006/06)
水月 昭道

商品詳細を見る
コメント
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西表島フィールドニュース

プロフィール

エル・ビー・デッチ

Author:エル・ビー・デッチ
「Decchi」は、都会で生まれました。
自然が大好きな人間です。心優しい人間。
傷つきやすい。

感動を共有しましょう!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。