スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見つけてしまいました

ツアー中にお客さんから、ハブは出るんですか?とよく聞かれます。

西表島には、ハブがいます。ただ、沖縄本島のハブとは種類が違っていて、毒性も弱く、性質もおとなしいヘビです。

今日も山道を登っている途中、少し奥の木の上にじっとしているサキシマハブをみつけました。
じっとしているサキシマハブ

このように全くいないわけではないですが、藪の中を歩いたり、間違って踏みつけてしまわない限り、咬まれたりすることは滅多にありません。

もちろん弱いといっても毒をもっているので、注意は必要ですが。

ハブはハブでも、ハブクラゲの方が、その被害にあう可能性は高いです。(※ハブクラゲとは、クラゲのことです。6月頃から8月頃まで、西表島を始め、沖縄県や奄美地方で最も被害の多い毒をもつクラゲです。)

自然の中には、こういった危険な生き物はもちろん、危険な場所もありますが、どちらもしっかりとその危険性を認識し、注意を守れば、被害にあうことはまずありません。

また、そういったことをしっかりと伝えていくのが、自分達の役目でもあると思います。

Decchi M


野外毒本―被害実例から知る日本の危険生物 野外毒本―被害実例から知る日本の危険生物
羽根田 治 (2004/07)
山と溪谷社

この商品の詳細を見る


この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ
コメント
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

西表島フィールドニュース

プロフィール

エル・ビー・デッチ

Author:エル・ビー・デッチ
「Decchi」は、都会で生まれました。
自然が大好きな人間です。心優しい人間。
傷つきやすい。

感動を共有しましょう!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。