スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お隣の国から、

関東地方に台風が接近していますが、
進路の方向に暮らす皆さま、大丈夫でしょうか。
大きな被害がないことをお祈りします。

カヤックで行くマングローブの川。


さて、本日は韓国からの撮影隊がやってきた。
「EBS」と言う放送局で、日本で言うと、
NHK教育TVみたいなもの。


パーソナリティは、LUKAさん。(沖縄好き)
本国では有名なシンガーらしい。
ドラマや映画などに楽曲を提供し、
バンド時代、何度も来日もしている。


明るく気さくな人で、唯一どちらの言葉も
理解できたのでみんなの通訳もやってくれた。


感謝!


撮影の合間に記念撮影!


TVの撮影を手伝うのは初めての経験。
撮影隊は、西表島の自然の風景、
カヌー(カヤック)での遊びを撮影した。
番組を作る大変さを学ばせてもらった。


残念ながら日本で放送はない。
番組放送のDVDが送られてくるのが
楽しみだ。


LUKAさんは、韓国に戻ったあと、
沖縄で出会った人々で絵を描きたい!と言って、
最後に顔の写真のアップを撮って行った。
慣れていないので、笑顔が引きつった。


■Decchi Kn





スポンサーサイト

カラカラ空

小さな窓



■最近まとまった雨が降っていない。昔の西表島ならば雨乞いをしているだろう。毎日海と空は青く、浜辺は白く、ああなんて良い天気なんて思うのが日常・・・。



■台風が来ない分、ヒヤヒヤとした思いをしなくて良いのだが、夏に雨の降る要素といったらこれしかない。海面水温が高いわけでもないので、自然が日照りによってダメージを受けている感じはしない。



■私が西表島に来て、毎年今年の天気はおかしいとばかり言っているような気がするので、固定概念は捨ててみようと思う。台風がもたらす影響で、ここ数日は大きく天候が荒れる心配は無い。西表島から見る小さな自然の窓は、今日も晴天なりなりとお伝えします。





Decchi AK





納涼祭

さ~ゆい、ゆい






■最近夜が涼しくなってきた。仕事が終わり、半袖で外で風に当たっていると、夏とは感じないほどの清涼感がある。もちろん雨が降れば、別の話しになりますが。



■少し薄暗くなり始めた夕方、浦内公民館の納涼祭に行く機会をもらった。実は、私達の住んでいる宿舎は住吉になり、当の私にとっては別の地区の人になる。私も浦内の行事に参加するのは、初めてであった。



■行ってみると、働いている地域ということもあり、顔のわかる人もいた。人の集まりもまばらであったので、青年会の知人と話しをしていた。少しして、鉄板で肉や野菜を焼く役回りを貰った。浦内の役員の方々に混じって用意をしていると、なんとなく溶け込めたような気がして安心できた。



■少しおっくうに感じるような場所に身を場合、自分の居場所を見つける事で、そんな気持ちは飛んでいってしまうのだと、再認識した。お腹もいっぱいになり事務所の近くの公民館長に挨拶を済ませて、事務所に戻った。



■地域で暮らすという事を感じる良い機会であった。浦内公民館の皆様、ごちそう様でした。



Decchi AK




ウォーキング

快晴続く、西表島

久しぶりにウォーキング!
今朝久しぶりに、歩いた。
まだ左腕には、白い包帯。

一ヶ月のギプスで、ヒジが思うように曲がらない。
ランニングも、いきなりストップしたので、足の付け根も
ギコギコ。とにかく運動不足。

朝の空気は気持ちがいい。
8時過ぎから、歩き始めたので、近所の人達に、挨拶しながら。

住吉集落では、パインをもらった。
台風で、売れないから、もらってと言われ。
素直に「ありがとうございます」

明日は、6時過ぎに歩いてみよう!
気持ちがいい!

最近、天気がよすぎる。
毎日、快晴のような天気が続いている。



本日のお空は、快晴!

本日のお空


ハンバーグの話は、もう少しある。

実は、昨晩は防犯協会の夏休み恒例の「夜回り」でした。
今年は、怪我のせいでお休みしていましたが、最終日と
いうことでやってまいりました。

いつもは、運転手でしたが、これも怪我のお陰で昨晩は、パトカー
の助手席に初めて乗りこみました。

しかし、お盆も終わっての夏休みなので、ポイントには
全く人も居らず。

話題は、ハンバーグ。
「たまごのハンバーグって、石垣牛だって知っていました!」
駐在さん「知らないな」
「だいたい、ハンバーグは食べないから」
駐在さん
「そういえば、石垣の公設市場の肉屋でさ」
「石垣牛の中落ちがグラム300円で売っていたんだよね」
「それさ、よく買っていたんだけれど、最近手に入らない
だよね」
「それで、聞いてみたら『ハンバーグにするって言って、こっちに
回ってこなくなったのよ』って言われたよ。」

何時の話だかわかりませんが、駐在さんはここで話のつじつまが
あったということですね。

しかし、西表島の上原にある「ランチハウスたまご」の
ハンバーグは、石垣牛を使っていることをメニューには
載せていません。
売り切れごめん!
知る人ぞ知る、隠れメニューでした。

そうそう、防犯の方は無事に今年も終了いたしました。



石垣牛のハンバーグ!!

石垣牛ハンバーグ


本日は、石垣の病院。

ついに、ギプスがとれた!
しかし、添木をつけている状態。
まだ、完治はもう少し先になる。

そんなわけで、晩御飯は「ランチハウスたまご」。
食べに向かう前に、「たまごのハンバーグは、石垣牛だよ!」
の耳寄り情報をいただき、早速注文。

待つこと、1時間。
混んでいました。

自家製のデミグラスソースに石垣牛のハンバーグは、西表の
ご飯としては、かなり贅沢。


このことは、知る人ぞ知るハンバーグ。
お昼で売り切れることもあり。
お値段は、1000円。



大雨洪水雷警報!がでました。

8月終盤の入道雲!




今朝の千葉沖の地震警報には、いささか閉口しましたね。

そんなニュースがネットやTVで流れている矢先に、本日
午後15時頃です。

防災無線を通じて、
竹富町役場から「大雨洪水雷警報がでました」
のアナウンスが流れる。

「え~~~~!」
「だってお空は、真っ蒼ですよ!」
しかし、TVの衛星放送には、大雨のときにノイズが出ます。
そのノイズが、少しだけ出ています。

どうやら大原方面。
つまり、島の南側で、大雨が降っているらしいのですね。
どうも、今朝の誤報がってから、疑り深くなりました。
南側の空には、確かに発達している「入道雲」が見えました。

夕方になって、クマゼミは静かになりました。
こちらも少しずつですが、秋の気配?
でも、正直まだ暑い!


故郷

アリ


暑い一日が、終わります。

今年の夏の甲子園も終わりました。
沢山のドラマありがとう!!

イヤー9回は、本当にどきどきでした。
今年80歳になる親父は、愛知県出身。
「優勝!おめでとう!」の電話に、
「何のことだ」と言う。

戦後、故郷を離れて、数十年。

確かに、東京と沖縄が対戦したら沖縄を
応援ですね。

暑くとも、甘い蜜には目がないですね。


間合い

寄り



今朝、朝のミーティングで、カヤックの「寄り」と言う
ことについて話した。
もともと、この船自体がハンティング用なのでいとも簡単に
動物に寄れてしまう。

現代では、観光用の特にこの島では、レジャーボート。
だから人間にとっては、都合が良い。

しかし、自然の側にとっては、とんでもないこと!

さて、田舎では、人間同士もより近いお付き合いが生まれる。
と言うか、それが田舎暮らし。

しかし、ここにも「間合い」と言うものが存在する。
親しき仲にも礼儀ありとは、よく言ったものだ。

写真は、事務所の窓の下で咲くマツバボタン。
八重咲きと一重咲き寄り添って咲いている。
これも微妙な間合い。









西表産のお米は、美味しい!!

夏の終焉?



昨日まで、太平洋の上空にあって沖縄地方に向かっていた
熱帯低気圧が、台風10号にエネルギーをうばわれれかのように
低気圧に変わった。

昼前の空を見上げれば、どことなく秋っぽい雲といかにも夏の
代表的な入道雲が混在している。
周辺の樹木からは、リュウウキュウクマゼミと思われるセミの
鳴き声が、高校野球の応援に負けないくらい、ミンミンないている。

さて、最近お米を石垣のスーパーから買ってきた。
値段にして5キロ1、800円くらい。
値段も値段なので、味に期待はしていないのだけれど、正直美味しくない。

先入観で、お米は「北」の方が美味しいと思い込んでいるので、石垣に
出たときに購入してきた。ところが、いろいろ水加減なども
工夫しては見たものの、どうも美味しくない。

20年ほど前にこの島に移住してきたころは、島産米と言えば美味しくない
ものだった。炊くとご飯が黄色くって、若干においもあったかもしれない。

ところが、いまどきの島産米は、とても美味しいじゃないか!!
いまさかもしれないが。
5キロ2、000円が安いかどうかを別にして。

島では、今年2度目の田植えが始まった。
お百姓のご苦労は、考えもせず勝手を書きました。
すみません。




再生

台風後の新緑

今日で怪我をして丸々1カ月となった。
昨年は、選挙で暑い夏だったが、今年は、ギブスで暑い夏。

「まだ、直らないの」と声をかけられるが、超人でもあるまいし!
「再生」には、一ヶ月はかかる。

みんなに迷惑をかけた。
特に、二人には!
心から感謝。

これも、怪我の功名とでも言うのか、今回の出来事は家族の「絆」みた
いなものを、強くはっきりと感じた。
柱は、太く強くないといけない。

あと少しの辛抱でギプス生活も終わる・・・だろうなぁ~?

さて、今西表の山を見上げると、新緑の季節がやってきている。
台風8号の風に吹かれて、海の潮を吹きつけられた樹木が、褐色
に焼けた。あれから、10日ほど経つだろうか?

樹木は、「再生」を始めた。

写真は、我が家に勝手に生えてきた「桑の木」が、新芽と共に
花芽をつけている。




海は1つ

海面散歩中




■遠く水平線の向こう側を想像するなんて、少したそがれてみた。水面がなだらかだと、海に浮いている気がしない。湖のような海の上で、遠くの海の状況は、どうなのだろうかと、誰かに聞いてみたくなる。



■zzz・・・。ハッと目が落ちてしまいそうであった。不思議だが、私の性格上海が穏やかな日ほど、パドルの進むペースが遅くなる。勝手ながら、水面散歩を楽しんでいる。



■ここ最近、毎日のようにベタ凪の日が続いている。夏らしいといえば、そうなのだが、時にウサギが飛ぶほどの波が立つ日がある。海の表情という風に、表現するならば、最近は上機嫌な日が続いているようだ。



Decchi AK






西表島フィールドニュース

プロフィール

エル・ビー・デッチ

Author:エル・ビー・デッチ
「Decchi」は、都会で生まれました。
自然が大好きな人間です。心優しい人間。
傷つきやすい。

感動を共有しましょう!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。