スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の運転

夜道は暗し

■西表島には街灯が殆ど見られない。西表島で
寝泊りしてみた人しかわからない感覚であるが、
漆黒の闇はなんとも恐ろしくも感じ、溶け込む
ように身体が吸い込まれる感覚がある。

■外があんまりに暗いので、出歩いている人は
全くと言っていいほど見られない。夜道を歩く
のは、ハブに咬まれる危険性があるので島の人
は危ないよと気をつけている。

■夜の運転では、生き物をひかないように気に
しなければならない。亀、鳥、カニ、そしてネ
コ。夜も活発に活動している生物は、道路なん
て平気で飛び越えようとしてくる。ヘッドライ
トをハイビームにして先に察知しながら運転す
る。

■夜の活動が、人にとっていかなるものか感じ
る。やはり、夜は早く寝るものだ。

Decchi AK


この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ



PRINCETONTEC(プリンストンテック) レイジ 4AAA 単4X4本 ハンディライト ブルー RGE-2-BLPRINCETONTEC(プリンストンテック) レイジ 4AAA 単4X4本 ハンディライト ブルー RGE-2-BL
()
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

プルメリア

淡いピンクのプルメリア


■台風の強風にも負けず、庭先のプルメリアが、

ようやく淡いピンクを咲かせ始め、心を和ませる。



夏の厳しい日差しにも強く、濃い緑にピンクが映える。

首飾りの「レイ」にも使われる美しい花だ。



花言葉は「情熱」、優しい見た目の割りには、

秘めた強さも持ち合わせている。



沖縄を代表するハイビスカスには季節がないが、

プルメリアが咲き誇ると、「夏だ~!」と感じる。



今はまだ1分咲き。満開までは時間がかかりそうだ。

キレイなものがそばにあると、心が穏やかになる。

花のある生活もなかなか良いもんだ。



■Decchi Kn

この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ




花言葉「花図鑑」花言葉「花図鑑」
(2000/12)
夏梅 陸夫

商品詳細を見る

西表島のゴミ事情

生ゴミ処理BOX 

■今まで住んでいた地域から引越しした時に、
悩むのはゴミ出しの日が違うということであ
る。慣れてくれば、問題はないのですが。

西表島の場合、生ゴミの処理は各家庭で行っ
ている。ということで、庭がある家では、埋
めたり一箇所にまとめておいて自然に処理し
てもらったりします。

中でも、この生ゴミを入れるドラム缶状の物
は少し驚きを感じた。この中で堆肥を作るそ
うだ。ゴミの処理の心得の広さを感じる。

消費生活の盛んな都会とは違い、こちらでの
生活は質素なものだ。西表島はゴミが道端に
落ちていないのが嬉しい所だ。

Decchi AK

この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ



お掃除SET(マジックホースクリーニングセット) 窓・車・壁面等の水洗いが簡単にできるクリーニングキットお掃除SET(マジックホースクリーニングセット) 窓・車・壁面等の水洗いが簡単にできるクリーニングキット
()
不明

商品詳細を見る

台風8号

大雨

■7月26日の夜から7月28日いっぱいは、

台風の影響で荒れた天気だ。雨は車の視界を遮り、

速度を落とさなければ、怖くて走れたもんじゃない。



車を止め、一瞬外へ出てみたが、

ほんの数秒で、全身ずぶ濡れになった。

写真を撮り車へ戻り、慌ててタオルで身体を拭いた。



制限速度は40㎞/hだが、その速度で走るのが、

やっとの事だった。

強風

■強風域では、ビニールハウスがバタバタと音を立てる。

今にも破れて、どこか飛んでいってしまいそうだ。

去年の台風を思い出すせば、トタン屋根やらなにやら、

飛散物も多く、改めて台風の怖さを思い出す。



2008年2回目の台風も暴風域をかすめて、

西表島から離れていく。



それでも竹富町のどこかの島では被害も出ただろう。

内地にいるときに感じることのなかった怖さがある。

台風がくるたびに被害が少ないことを祈るばかりだ。



■Decchi Kn

この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ




台風学入門―最新データによる傾向と対策台風学入門―最新データによる傾向と対策
(2006/06)
村山 貢司

商品詳細を見る

足元注意!

足元びっくり!

■ふと思い出した決定的瞬間。

数日前のことだが、魚に足をかじられた。

何故?理由は不明だ。



この魚は、コトヒキと呼ばれる魚だが、

普段は人の姿を見ただけでも逃げ出す臆病者のはず。



よほど足が美味しそうに見えたのか、

この時は数匹のコトヒキが足に群がっていた。

正確には左足の人差し指だけを狙っていたようだ。



かじられたと言っても持っていかれる訳ではないし、

ちょっとびっくりするくらいの痛さなので、

この不思議な行動が見られた事の嬉しさが大きい。



野生との接触は、いつ何時に訪れるか解らない、

ほんの僅かな瞬間を、大切にしていこう。



■Decchi Kn

この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ




魚 (ニューワイド学研の図鑑)魚 (ニューワイド学研の図鑑)
(2006/06)
沖山 宗雄

商品詳細を見る

竜の卵

西表産竜の卵


■果物の時期、やってきましたドラゴンフルーツ。
見ためが余りよくないのが、パインに負ける所で
すが、爽やかな甘みが私は好きだ。

今回は、見るだけで手を伸ばさなかったが、美味
しそうなのがあれば、次は買って食べてみたい。
ちなみに美味しいものの見分け方なんてわかりま
せんが。

パイン、マンゴーに隠れてメジャー入りを狙って
いるこの果物、冷やして食べるのが普通だ。とい
うよりも、冷やして食べた事以外はない。温いと
あまり美味しく感じないらしい。

1つ買っとけば良かったと少々後悔。果物の季節
の夏、この島に来て果物を食べない事は損である。

Decchi AK

この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ


日光種苗 ミニドラゴンフルーツ苗日光種苗 ミニドラゴンフルーツ苗
()
不明

商品詳細を見る

始まりと終わり、西表トンネル。

日本最南端、西表トンネル


■日本最南端のトンネル「西表トンネル」

ツアーで出発する時、送る時に通過する。



この八重山諸島で唯一のトンネルを通過することも

旅の思い出の1つになるが、2度目の通過となる帰りの車中、

確信をついた言葉がお客様から聞こえてきた。

「このトンネル暗くない?」



確かに暗い。2008年2月に開催された、

第15回やまねこマラソン大会を走った時は、

真暗なトンネルの中で遠くに見える、

出入り口の明かりが頼りだった。



姿の見えないランナーの息づかいだけが、

すれ違いざまやけに近くに感じられた。



それでも毎日のように通る、このトンネルは、
心の持ち様を大きく変えるきっかけとなり、

出発時は、ツアーの始まりを予感させ、

帰着時は、無事に終わった安心感に包まれる。



日本最南端のトンネルは、自分にとっては、

始まりと終わりを知らせるトンネルだ。



■Decchi Kn

この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ




ELPA(エルパ) 0.5W LEDライト 単3×2本 ガンメタル DOP-092MGELPA(エルパ) 0.5W LEDライト 単3×2本 ガンメタル DOP-092MG
()
不明

商品詳細を見る

コーレ・グースー

商品詳細を見る入れすぎ注意

■これは、沖縄の調味料である。島唐辛子を
泡盛で漬け込み、、辛味をお酒に移すのであ
る。お酒好きや唐物好きには、たまらない一
品である。

島唐辛子は特に唐辛子の中でも特に辛く、一
粒時カレーに入れようもんなら大変な目に合う。
今年も泡盛につける時期である。

液体の色が濃いのが2007年に漬けたもの、
色が薄いのが数日前に漬けたものになる。
唐辛子から辛味が出るのには少々時間が
かかるのと、多少なりとも色も大切である。

ツアーで出しているのも、自家製のものになり
古酒に若干なりかけています。刺激的な辛味が
強いと言うより、お酒の匂いで風味が増すため
に入れるのが正解だと思う。

人の好みはそれぞれであるが、薦めたいもので
ある。

Decchi AK

琉球もろみ酢琉球もろみ酢
(2002/10/21)
不明

<この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ


おかえり。

おかえり!

■しばらくの間修理に出ていた、緑のハイエース。

修復後、初仕事を終えて無事に帰還した。

「おつかれさま。」



先日もスポンジで洗ったので、汚れがあるでもないが、

いつもよりも念入りに洗いたくなるのは何故だろう。



西表島での交通手段は、車しかない。

あるときは思わないが、ないと不便さを感じる。



壊れた物を直すことはできないが、

壊さないようにすることはできる。

モノを大切に扱うことも、自分の心持ち次第だ。



普段の手入れや掃除をしていれば、

自然と愛着を持ち、大事に乗れるようになるだろう。

愛情を持って扱えば、車も応えてくれるはずだ。



■Decchi Kn

この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ




汚れを落とす!ワザあり事典―こんな方法があったのか!住居、衣類から車、パソコンまで (PHP文庫)汚れを落とす!ワザあり事典―こんな方法があったのか!住居、衣類から車、パソコンまで (PHP文庫)
(2002/07)
快適生活研究会

商品詳細を見る

避暑地

泳いで何ぼ

■暑さから逃れて、西表島に来るというのも
なんだか不思議な言葉になる。ここ最近の西
表島の最高気温は、31℃前後である。

数字だけをパッと見てしまうと、大した気温
でもあるが、数字ほど暑さを感じないのも西
表島の良い所である。

西日が射してきたり、コンクリートやアスフ
ァルトとの上にいるのを除けば、クーラーを
つける必要もない。

■西表島で最も涼しい場所、それは川原である。
冷たい水は気温を下げ、川原沿いの木々にもた
れかかるのが好きである。水深の浅い場所で、
ライフジャケットを敷いて寝そべるのも快感で
ある。

■内地の暑さより心地の良い暑さの西表島より。

Decchi AK
この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ



<

やまねこトンネル

トンネル工事

■西表島は最近道路工事が多い。

わき道もなく、飛び出す人間もいない島だが、

島の制限速度は40㎞だ。



高速道路のように早い車も見られるが、

運転も沖縄時間でのんびり運転してもらいたいものだ。



■この工事は、動物達が道路に飛び出さないように

道路の下にトンネルを掘っている。



動物保護の盛んな地域では、

このトンネル工事が、事故防止の最前線らしい。

別名:やまねこトンネルは、県道のいたるところに

設けられている。



とにかく事故がなくなれば、それにこした事はない。

ついでに側溝もV字型をしていて、カメやトカゲも

道路には出られないが、森には帰る事ができる。



愛すべき自然に生きる、西表島独自の進化。

やまねこ発見当初、人が住んで良いのかまで

議論が発展したそうだ。



西表島だからこそ、生み出せる考えもあるだろう、

道路工事も大切だが、車の運転も考える必要がある。

島に来る前に島を知れば、西表島旅行が楽しくなる。



■あとは、思いっきり楽しめばいい。



■Decchi Kn


この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ




イリオモテヤマネコの百科 (動物百科)イリオモテヤマネコの百科 (動物百科)
(1994/12)
今泉 忠明

商品詳細を見る

台風晴れ

台風通過で万歳。

■急にで発生して、急にいなくなってしまった、
台風7号。今日は、打って変わって青空が顔を
出し、機嫌の良い空が広がっていた。

台風の残した爪痕を捜すのが難しいくらいに自
然の姿は、平穏そのものであった。天候はとい
うと、少々荒れ気味で台風の吹き返しの風が以
前轟音を立てながら通り過ぎていた。

台風が来るたびに、表面海水温は下がる。台風
が海水を混ぜ込み、熱をうばっていってくれる。
これで、当分珊瑚の白色化の心配はないのであ
ろう。

台風が来るのも決して悪いこと尽くめめではな
い。これも1つのサイクルと認めれば、自然と
付き合い方が身についてくるのある。

Decchi AK

この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ


marie claire(マリ・クレール) Newレインシューズmarie claire(マリ・クレール) Newレインシューズ
()
不明

商品詳細を見る

西表島フィールドニュース

■西表島フィールドニュースは、沖縄県西表島のエルビーカヤックステーションのツアー中に出会った様々なものを撮影し皆様にお伝えしているページです。毎日更新しています。

5月11日の西表島フィールドニュースをご覧下さい!

プロフィール

エル・ビー・デッチ

Author:エル・ビー・デッチ
「Decchi」は、都会で生まれました。
自然が大好きな人間です。心優しい人間。
傷つきやすい。

感動を共有しましょう!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。