スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランニングコース

ロケーションは最高!



■西表島では、最近走っている人がやたらと増えてきている。

自分もその中の1人な訳だが…



理由は簡単、第15回やまねこマラソンまで、あと10日と迫る。

本番と同じ道を短い距離で走った。


■マングローブの湿原、水牛のいる草原と景色はいい。

真っ直ぐに伸びる道路を走れば、自然と足は前へ進む。



今日は生憎の雨だったが、気持ちよく走る事ができた。

大会当日も気持ちよく走れればいい。

今年初めての参加だが、とにかくめいっぱい楽しもう!



■Decchi Kn

この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ




F-RUN ラップメモリー 10ラップ  シルバーF-RUN ラップメモリー 10ラップ シルバー
(2004/07/28)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

リセット

気持ちが吹き飛ぶ


■人はたまには刺激が必要である。何であれ
かまわないと思う。日常から、ほんの少しか
け離れても、大分かけ離れても、全くかけ離
れても良いと思う。

■一般的な日常が悪いという訳ではない。む
しろ毎日があって、時たま得る刺激が映える。
だから、非日常に出会うとどうしようもなく
気持ちが高揚することができる。

■私にとって次に来る、非日常はやまねこマ
ラソンになる。目標の通過点であるのだがと
ても楽しみにしている。

■西表島にはじめてくる方にとって、ツアー
は非日常である。私はガイドであり、仕事の
意味で日常ではある。

■それでも、自分でコントロールできないよ
うなパワーを持つ自然に触れると、全てがリ
セットされたような気持ちになる。

■私はこの場所に来ると必ず思う。ここから、
何かが始まるような気がする。

Decchi AK


旗だけ見ても胸がドキドキする



この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ

リセット (新潮文庫)リセット (新潮文庫)
(2003/06)
北村 薫

商品詳細を見る

実は、この本大好きです。心が洗われます。

野生との接近

雨が降る森の中


■もう数日間雨に降られている西表島。

雨が降ると滝の迫力は桁違いだが、

雨の日のツアーはそれだけではない。



雨は人の匂いを消すので、動物との距離が少し縮まる。

今日のお客様は、イノシシを発見した。



野生の痕跡


■野生生物と森で遭遇することは、確かに恐いこともある。

それでも野生から見れば、人間の方がよっぽど恐いはずだ。

だからなかなか姿は見せてくれないのだろう。


■雨でぬかるんだ森の泥や砂は、

森を徘徊するモノの痕跡を残してくれる。

憶測の域を過ぎないが、想像しただけでワクワクする。

未知との遭遇もあるかも知れない。

なにせ西表島は90%がジャングルだ。



■Decchi Kn

この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ




Coleman サバイバルキット 170-6458Coleman サバイバルキット 170-6458
()
不明

商品詳細を見る

肝試し

高見の見物


■高い所は怖い。ガイドがこの場所に立つ事が
出来るようなったのも慣れから来るものであっ
て、どこでセーフかアウトかを熟知しているか
らだ。

■幼い頃のトラウマで、滝の上から下を見下ろ
すなという心の鎖がかけられていた。この鎖、
なかなかほどけなくて、滝の上か下を見下ろす
のに大分時間がかかった。

■急転直下の断崖絶壁を望むのには、少々肝が
必要だった。何度も何度も足を運ぶうちに、い
つの間にかという具合である。

■絶景を眺めたくば、腹ばいになれ!これが鉄
則である。

Decchi AK

この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ



望遠WEBカメラ DC-NCP130望遠WEBカメラ DC-NCP130
(2007/02/01)
不明

商品詳細を見る

地域とのふれあい

<追伸>
祝・創立50周年 船浦中学校


■地域にも様々な歴史がある。
西表島の西部地区にある船浦中学校が、
創立50周年の節目を迎えた。

08128kn4.jpg


■与那国島から青年会が「棒術」を演じに来てくれた。

当日の悪天の中、飛行機と船を乗り継いで。ありがたいことだ。

それだけのパワーの源は、「心」や「絆」と人間力だ。



伝統芸能の重みと西表島とは違う迫力に圧倒された。

堂々としたいでたちは「自尊心」に溢れているようにも見える。

それだけの想いや練習を重ねた結果だろう。


08128kn5.jpg



折り詰めも皆で力をあわせて作ったものだ。

協力しあうことで団結が生まれ、共に苦労を分かつことで

より思い出深いイベントとなることを教わった。

誰の為に何ができるか、遠目で見ていてはダメなんだ。



今回大きなお祝いを体験し、自信も色々と経験した。

のぼり旗立てに始まり、祝賀会まで見る事ができた。



形式は、世の流れで変わってしまうものかも知れないが、

祝いや行事を成功させる「心」は変わらずにいて欲しい。

■Decchi Kn

温かい八重山そば


■西表島の西部地区、船浦中学校が創立50周年を迎えた。

今日は地元青年会の手伝いで、記念行事をサポートした。



昼は美味しい八重山そばをいただいた。

雨の中での作業があるので温かいそばは何よりのご馳走だ。

イノシシ&ボラの刺身


■記念式典も無事に終わり、片付けを済ませれば、

「ぶがりなおし」が始める。左はイノシシ、右はボラの刺身。



お金を出せば、簡単に食材は揃うが、

地域が一体となって用意する事が、大切なことと言う。

皆で苦労を分かち合い、喜びを分かち合う。



「郷に入っては郷に従え!」と、地域独特の文化がある。

島をあげての行事は、西表島を知るには絶好の機会でもある。

普段では話すこともない人との交流もあり、学ぶ事が沢山だ。



船浦中学校の50周年行事を手伝う事ができたのは、

自分の時間の中で、とても貴重な体験となった。

次は100周年、50年先も「地域の文化」が受け継がれて、

いつまでも変わらぬ西表島でいて欲しい。


■Decchi Kn

この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ




住んでびっくり!西表島 (ニッポン楽楽島めぐり)住んでびっくり!西表島 (ニッポン楽楽島めぐり)
(2006/10)
山下 智菜美

商品詳細を見る

奉仕作業

男の料理


■今日は、船浦中学校50周年式典のお手伝
いに顔を出した。最初のお手伝いは、今まで
バタバタとはためいていた50周年式典の旗
を回収する事であった。

■中学校のある船浦から白浜まで車を走らせ
て回収した。色々とドタバタがあり、朝から
全力疾走であった。

■それから学校の駐車場の入り口を綺麗にす
るためにドカタ作業に入る。アウターを脱ぎ、
フリースを脱ぎ、帽子を脱ぎ。身体が蒸気機
関車のように、運動エネルギーを作り出すた
めに発熱する。

■作業の方を終え帰ろうとした所、嬉しい事
に食事があるとのことで、住吉公民館まで足
をのばす。お刺身に魚のから揚げ、魚のアラ
の汁物。美味しかった。

■明日の式典は、Decchi Knがお手伝いに向
かう予定だ。いつの間にか、地域で動き回る
事に慣れてきている自分に気付く。

Decchi AK

この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ




激落ちクロス お徳用5枚入激落ちクロス お徳用5枚入
(2007/03/19)
不明

商品詳細を見る

気分爽快

のんきな牛と目が合った。



■冬を迎えた西表島は北風が吹き肌寒く感じる。

故郷では気温が1桁台まで落ち込んでいるらしい。

申し訳なく思うが、身体が沖縄の気候になれたのか、

気温が20℃を下回れば、寒くて仕方がない。



この季節は、普段あまりいくことのない同じ島でも

離れた東部・大原港へお客様を迎える事がある。



西部と東部は、目に映る景色が違うように見える。

実際、作られている農作物も異なったりもするのだが、

あまり行き慣れないせいか、雰囲気が違うように思う。



■新鮮な空気が同じ島の中で感じる事ができる。

朝、お客様を迎えに行く、窓を開ければ澄んだ風が、

少しの寒さと新鮮な空気を車中に連れ込む。

色々と気持ちがよい。



あまりの爽快さに、1人で変な顔でもしていたか。

牛が不思議そうな顔をして、こちらを伺う。

のんきな顔をして、失礼なヤツだ。



■あんまり楽しんでいると時間に遅れてしまう。

早々に車を出し、目的地へとあわてずに急いだ。


■Decchi Kn

この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ




アニマルマスク うしアニマルマスク うし
()
不明

商品詳細を見る

白い髭のような滝

ヒナイ上
ヒナイ下



■私のカメラには限界がある。ヒナイサーラの滝全体
を捉えられるほどの、機能は備わっていない。よく言
われているのが、魚眼・ワイドレンズでも使わない限
り無理だと。

■落差55m+岩に滝があたる風景ははずせないので
、どうしても一番欲しいところの部分がどちらか、カ
ットされる。滝つぼを選ぶか、頭上高くにそびえる滝
の口を選ぶか。

■と言うことで、2枚並べてみた。シャッターを切る
誤差が5秒くらいあったので、若干というより全く
形が変わってしまった。強い風の影響である。風も無
く穏やかな日であれば、全体を捉える事も出来るかも
しれない。動きのあるものだから合成になるが。

■写真魂に火がつく。いつか完璧に近い滝の様子(合
成)を捉えらえたい。それと、リュウキュウアカショ
ウビンのアップを明細に捉えたい。

■今年の自然の被写体は決まりである。

Decchi AK

OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-410 ダブルズームキットOLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-410 ダブルズームキット
(2007/04/21)
不明

商品詳細を見る
欲しいのですが高いのです。しかし、水辺に持っていく勇気はありません。

この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ



やまねこマラソン迫る。。

沿道のノボリ旗


■西表島の冬を迎えた季節の風物詩。

第15回やまねこマラソン大会の開催まであと僅か…



朝夕問わず、沿道を走る人影が多くなってきた。

最近は雨が多いので、本番までにどれだけ走れるか。

いよいよ間近。


■そんな中、大会の案内書やゼッケンに引き換え証が届く。

何故か、NAHAマラソンの時よりも緊張をする。



■順位を気にするわけでもないし、誰かと競うわけではない。

ただ、自分の目標は達成したい。達成することに目的がある。

あまり気負いせずに楽しく走ろう。



■Decchi Kn

この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ




【監修】小出義雄 Happy Running~たのしく歩く・走る「コツ」教えます~【監修】小出義雄 Happy Running~たのしく歩く・走る「コツ」教えます~
(2008/01/23)
小出義雄

商品詳細を見る

海を望む

心をときほどく


■浜辺に腰を下ろして、水平線を眺める姿に人は
どう思うだろうか。何か物思いにふけっている、
そう考えるのが妥当であろう。

■西表には、そういた事に適した場所がたくさん
ある。浜辺の数だけ人の後姿がある夏とは違い、
この時期の浜辺に降りる人の足数は少ない。

■自分のように、用があって浜辺に下りていくと
後から人が来る事がある。自分はどう思われてい
るのだろうかと自意識が騒ぎ出し、少し恥ずかし
く感じる。

■中野の海岸にはこの時期、北風の影響によって
流木が運ばれてくる。波が高く海が大荒れのとき
に浜辺の奥まで打ち上げられる。

■その流木が良い腰掛になる。そこに腰掛ければ
、いくらでも時間を潰す事が出来るような気がす
る。

■別に何かに思い悩んでいる気は無いが、そんな
時に来れたら良いものだとふと思う。

Decchi AK

この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ



エドガー・ケーシーの自然療法―心と身体の処方箋エドガー・ケーシーの自然療法―心と身体の処方箋
(1999/02)
ジョン・O.A. パガノ

商品詳細を見る

花壇の花

マリー・ゴールド


■事務所に植えたマリーゴールド。

太陽のような花は、曇り空に明るく咲いた。



西表島で暮らし始め、生活の中にはいつでも花がある。

花の持つ明るさは、気持ちに元気を与えてくれる。



1年を通じて、花が咲いている。枯れることなく

いつでも道や垣根を沢山の花が飾っている。



■花壇に咲いたマリーゴールド。

花の色も赤い花びらと黄色い花びら2種類あって、

花が開くまで、つぼみではどちらかわからない。

満開になるまで、くじ引きのような楽しみができた。



■成長していく姿を見るのも楽しみだ。



■Decchi Kn

この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ




ポール・スミザーのナチュラル・ガーデンポール・スミザーのナチュラル・ガーデン
(2007/04)
ポール・スミザー、日乃 詩歩子 他

商品詳細を見る

空海

空
海


(↑おもしろかったので別の場所の写真2枚ををつなげてみました。)

■本日は晴天なり。タダそれだけで良い。そう
思うのは自然に近い場所で暮らしているからだ。
都会暮らしでは、”今日は洗濯物良く乾きそう”
”傘持たなくて大丈夫そうだな”ぐらいにしか思
わなかった。

■自然に近ければ近いほど興味を持ち、知ろうと
して、何かを感じようとする。そう思う。少なく
とも、両極端な暮らしをしてきた私にとっては、
いえることである。

■あと、もう1つ気になるときは、旅行中の天気。
これは万人気にする事であると思う。旅行が台風に
よってキャンセルになってしまったり、青空を拝め
なかったり。

■天気だけは誰も憎めない事であるが、ちょっと誰
かに八つ当たりしたくなる。さて明日の天気という
と。

http://www.jma.go.jp/jp/yoho/356.html

■なかなか天候が安定しないものです。

Decchi AK

adidas(アディダス) ランニングメイト ブラック×トゥルーブルー B1858 523208adidas(アディダス) ランニングメイト ブラック×トゥルーブルー B1858 523208
()
不明

商品詳細を見る


この記事を気に入ってくれた方はこちらをクリックして下さい!↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 離島情報へ



西表島フィールドニュース

プロフィール

エル・ビー・デッチ

Author:エル・ビー・デッチ
「Decchi」は、都会で生まれました。
自然が大好きな人間です。心優しい人間。
傷つきやすい。

感動を共有しましょう!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。